予定をめぐる葛藤

一応,ここから続いてます。続いてる?いや続いてない?まぁまぁ細かいことはいいじゃないですか^^

このCNETの記事を見て,は!と思いました。

Trumba
http://www.trumba.com/default.aspx

これって,この方が長いことかかって練りに練っている構想(Schedule Layerとかいうやつ)と,よう似てるなぁ,と。気になるのは時期です。

スケジュールレイヤー
2001年3月23日公開?

Trumba
2003年に法人設立?

しかしCNETの記事によると,Trumbaのプロジェクト自体はもう少し早くスタートしたようにも見えます。

Jaechやその他の創業メンバーは1999年、VisioをMicrosoftに16億ドルで売却した。彼らはその後Microsoftを退社したが、その際にこのアイデアを思い付いたという。

いやいやそんなことはユーザとしての私にとってはどうでも良いことです。

Trumba,まだ使っていませんが,ようするに

ユーザ登録したらマイカレンダーを使えるようになる。

かつ,

ユーザ登録していない人もウェブベースで他人のカレンダーにアクセスできる

がミソということのようです。これなら,おかんの通院予定,仕事の予定,ブログの予定,工作活動の予定,など他人が関わる部分を一括して扱えそうなので良い感じですな。

さらにOutlookやその他のカレンダーサービスにも対応していて,すでに複数のカレンダーサービスの中に埋もれてしまっている私のような人間にはそこそこ役に立ちそうです。

え!?「関係する人に全員にアリエルマルスケを使ってもらえばいいじゃん」って?もちろんそうしていますよ^^(←じゃぁお前は何が言いたいんだ)

他に似たようなのも溢れていそうな感じですし,知り合いには全部YahooのID取ってもらってますし。Yahooのウェブサービスで一気通貫した方が相当楽なんですがねぇ。

ごみためのランキングはこちら。