どこまでも談合

橋梁とかトンネルとか,そんなデカイもんだけとちゃいまっせ。

アスファルト,生コン,白線,地面に埋める発泡スチロール・・・

ず〜っとず〜っと前から国内価格が高すぎると何度も指摘されてます。

道路舗装会社なんて,そんなモンだよ。

ついでに言うと,アスファルトの厚さなどの規格についての検査は完全手抜きです。

規格どおりの場所を数箇所(ひどいときには1箇所だけ)用意しておいて検査官に選ばせないのです。もちろん検査官はお土産もらって帰るわけですな。

もし生真面目な検査官(=公務員)がそういう馴れ合いを断ったりすると,どうなるか。それは役所の中でヒドイ仕打ちに遭うわけですよ。

てめぇ,なんで余計なことスンだよ。

内部告発でもしようものなら,乗ってもいない電車で痴漢をしたことになったり,机の引き出しから覚せい剤が出てきたり,買春で摘発されたりするわけですよ。

馴れ合いの及ぶ範囲がどこまでかが問題です。風呂場の黒カビも表面だけならなんとかなりますが,防水ゴムや目地の奥に菌糸が入り込んだら,もうどうしようもないのです。

アナタの街の弁護士さんや,警察官は,かび臭くないですか?

ごみためのランキングはこちら。