非連続都市伝説シリーズ:日本は古い技術に固執する

そういうのは一概に言えず、市場のイナーシャで決まると思う。

一概にいえることなんて、わずかだとは思いますがね。

 

さて、先日、国内FAX専用機市場についてのコメントをみかけました。

曰く、

日本国内にはまだまだFAX専用機(ごみため補足:複合機のFAX機能付きがおおいと思われ)が、多数使われているが、

お米の国では小さな事業所からもFAX専用機は駆逐されてしまっている。

とかなんとか。

勝手な推測ですが、

ニポーンの中小零細事業者は

早くからFAXによる業務システムを構築したが、

お米の国の中小零細事業者は

紙ベースで回していて、

最近になっていきなりIT化した

だけなんではないかという気がしています。

紙ベース、リアルカーボンコピーベースの業務システムの強力さは紙ベースを知らない人には分からないと思いますが、小さい商売なら、紙ベースで充分なのです。

ニポーンでは若干押し売られ気味にFAXベースのシステムを導入した経緯があるような気がします。

いずれにしても、ニポーンでFAX専用機が多数存続しているのはIT後進国であることを示す根拠にはならないと思います。

 

さて、逆の例と思われるものを一つ挙げておきます。それはポケベルです。

お米の国のポケベル中毒はすごかったと思います。

日本でとっくにobsoluteサービスになって以降もお米の国では

treoblackberryも使うけど

beeperも腰にぶら下げる

感じだったと思います。

# 待機時間の長さが重要だったのかも

ちなみにですが、ごみためまんはお米の国で住んだことも行ったこともありません。

 

たぶんその間、つまりiモード革命進行中のニポーンのケータイユーザーは、世界よりもアタマ2つくらい未来に生きていたんだと思います。

あっというまに置いていかれましたけどね。

 

ニポーンでもポケベルブームはすごかったわけですが、その後のケータイメール文化への移行が早く、ポケベルの衰退も早かったんではないでしょうか。

もちろん何の資料も参照せずに適当に書いていますので、興味のある人は裏取りを各自で実施願います。

ただごみためまんの個人的な経験としては、ポケベルは学生時代の2~3年しか使わず、機種変更も2回しかしませんでした。その後PHSを持つわけですが、それからもう20年ですか。ポケベルブームからポケベル終焉までが短かった印象です。(ヒント:ユウキナエ)

 

お米の国ではポケベル+ボイスメールという文化もあって、ケータイメールへの移行がなかなか進まなかったようにも見えます。

車載用の変な端末(ミニテルみたいなやつ、あるいは90年代のハリウッド映画に出てくるパトカーに積んでるなんでも検索できる魔法のコンピュータ(笑))もそれなりに普及してたので、ケータイでメールを使う需要があんまりなかったのかもしれません。

 

個人的には

何かが爆発的に普及すると

その後の移行は遅くなる傾向あり

と思っています。電話、ポケベル、ケータイ、スマホみたいにオーバーラップしながら移行していく場合など、そのイナーシャ的なものが影響すると思っています。

なのでFAX専用機などという矮小市場製品だけで日本のIT環境の性質について騙るのはやめた方が良い気がした、初夏の日です。

 

ニポーンはポケベル→ケータイは早かったが、ケータイが盛り上がりすぎたため、スマホへの移行が出遅れただけのことで。

次の移行では先頭走りやすいかもしれませんな。