マンウィズを気取って

Wolframでも1行で陰関数が描ける。

(Raspbian内蔵のMathmatica使用)

わざわざWoframのノートへのリンクまで貼っておいて、x>0の象限しか描けていない哀れな日本人をみかけたので、説明しておくと、


この部分を、

x ^ (2/3)

と記述するのは誤りのはず。その変形は、x>0のときしか合法でないはずだから。

ちょっとコラムス:
デンキー出身の我々は虚数空間をしっているので、累乗の右肩の偶奇符号が気になるビョーキに感染しているが、普通の人はそんなケッタイな症状に悩まされることもなかろうに。

過去のプロッターズ:

SDといえばガシャポン その2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です