印刷代<<<<<ピンハネ額

最近の投稿ハガキからピックアップ。

偽装請負が蔓延しているフロアのプロパーが言いましたとさ。

クソ害虫が無駄にプリントアウトしまくりやがって。

しかもカラーだぜ。

レビューに使うだけならPCでやれっつーの。

誰のカネだと思ってやがるんだ。

赤字プロジェクトの分際で。

なるほど。紙とトナーを無駄に消費したらエコではありませんし無駄は良くないですね。ただしカネの云々は余計な一言ですね。

なぜならそのカネは、

クソ害虫ピンハネされた一部

だからです。卵焼きを作るには卵を割らないといけません。元請が仕事を取るから害虫が食い扶持を稼げると考えるか、害虫からピンハネできるから元請が仕事を取れると考えるか。プロパー全員でやると、間接費が高すぎて利益が出ませんからね。

こういう場面では、20世紀後半以降のセオリーは、

ウィンウィン関係に持っていく

というのがフツーではないでしょうか。私のもっとも嫌いな言葉の一つですが。

投稿者は単価の高い偽装請負団なので、ピンハネの額も相当です。欲のない人たちなのでしょう。ピンハネ額がその手取りを超えているという事実、そのプロパーの耳元でささやいてやると良いかもしれません。

ですので、紙代や印刷代はピンハネ額からすれば、請求書の切手代か、契約書の印紙代のようなものです。節約したければ日本から出て行けという感じです。

 

さて派遣業偽装請負業のピンハネ率は高くてもセイゼイ10%だからそんなわけないという世間知らずの意見を耳にすることがありますが、世の中そんなに甘くないですよ。

上には上、下には下があるのです。そしてまだらに広がっています。

 

関係ないですが思い出したのでMADARAを紹介

MADARA四神篇―魍魎戦記摩陀羅 (角川コミックス・エース)
マダラプロジェクト 星 樹 田島 昭宇
角川書店